タグ別アーカイブ: RGB

RGBとCMY(K)

Photoshopやillustratorなどの画像編集アプリケーションを使っているとカラーモードっていう項目を目にします。
画像をどのカラーモードで編集する(している)かを設定する項目の事ですが、大きく分けてRGBとCMYKの2種類がメジャーです。
でもこれは画像編集アプリケーションだけの言葉ではなくて、色のきまりとしてRGBとCMYがあるんです。
じゃあ2種類の違いとは?

そもそも僕達が今見ているパソコンの画面の色、雑誌の色は僕達の目に入る色情報としては同じなんですが、その色の作られ方は実は違っています。

テレビやパソコンのディスプレィなどはR(red)G(green)B(blue)の3色の混色で表現されます。
色を混ぜると明るくなって行き全部混ぜると白になります。
これを色光の3原色と言います。

それに対して絵具や塗料、顔料など絵や印刷などのリアルな物の混色は逆に色を混ぜれば混ぜるほど暗くなります。これを色料の3原色と言います。
CMYはC(cyanシアン)、M(Magentaマゼンタ)、Y(Yellowイエロー)の事です。その3原色に黒色を足したものがCMYKです。

と言うように2種類の混色がある事がわかりました。

画像編集アプリケーションで画像を扱うと言う事はコンピューターディスプレィ上で再現されているわけですからRGBに基づいてます。でも実際に印刷される時はCMYになる。この事で色の再現にズレが生じる事がわかりますよね。ですので自分が扱う画像を最終的にコンピューター上で完成させるのか、または印刷させて写真やポスターなどにするのか、によって適切なカラーモードを選択してあげる必要があるんですicon_wink.gif

最近はプリンターの性能がものすごく上がってるのでご家庭で印刷されるパターンにおいてはカラーモードをさほど意識しなくてもキレイに印刷は出来ますicon_idea.gif

ただ印刷会社に頼んで本格的に印刷をしてもらう場合などはカラーモードをきちんとCMYKにしておかないといけませんので注意して下さいね。